テニスの新世界  
ユニバーサルテニス・ワールド
The world of the universal tennis

国籍や言葉 競技レベルに 違いがあっても
多くの人達が 競技交流できる テニスの新世界
 


ユニバーサルテニス
   スポンジ・スーパーテニス  スーパーボレー
   サウンドテニス  視覚ハンディキャプテニス

テニスの 新たな魅力を 活かす 情報発信
 サン・パール C I S
Sun pearl creative idea & solution service

 本サイトについて
競技規定 
社会企画 
講習関係 
用品・用具 
テニス環境
推薦サイト 
本ページ上の各タイトルと文字は  関係資料のページに リンクしています
Each title and letter on this page links to the document page concerned
Update  2019 / 03 / 16
 このサイトは 体力・年齢・障害の有無にも こだわることなく 真の万人スポーツ環境を育む方々
すべての人達や子供達のテニス指導を 具体的に進めることの出来る方々などに 情報資料を 公開します
 
テニスのエキスパートとして活躍する人達を主対象に編集した資料情報です
この内容を横断的な知識・経験を活かした広い視野から見て 相手の立場に立ってアドバイスの出来る人達がプロフェショナルですが 多くの人達は 職業として従事して収入を得る人達をプロとして認識しています。 しかし 職業として関わらないプロフェショナルも 存在します
 
1977年から活動を継続しているNPO法人日本ハンディキャップテニス連盟の事業は 関わる人達が 報酬を 0 として取り組み 数多くの新しいテニス内容と活用法を生み出しています
NPOサイトで公開している内容は 他のテニス協会等にない資料・情報です  誠実に地域経済と社会貢献に役立つ活動を進める方は 無償で活用出来ます
真のプロフェショナルとして ご活動下さい
 エキスパートは 自分の専門性からしかアドバイスできませんが プロフェッショナルは、広い視野から見て相手の立場に立ったアドバイスができる人です
プロフェショナルが 数多く存在すれば テニス界の低迷を改善し 愛好者を増やすことが可能なのですが・・
数多くの普及発展の方法に気づかないテニス関係者、指導者が多い状況は 惜しまれます
 
  2019年  ユニバーサルテニスの進展に向けて  下記2件の事業に 理解ある企業 と I T エンジニアを 募集 

ユニバーサルテニスは・・ 初心者からテニス経験豊かな人達まで楽しめる競技 肢体不自由の人達、子供達や 全盲の人達が楽しめる競技
既存テニスと比べ 1/3サイズのスーパーテニス、1/15サイズのスーパーボレーを活かすビジネスモデルは 数倍規模のテニス環境づくりが可能です
 
 ユニバーサルテニス・ネットスタンドの設計改良と製造
 スーパーテニス・ゲームソフトの開発

子供達や高齢者、障害のある人達にも扱い易い機能を備え 成人が楽しむ優れた
デザインと携帯性を 設計した S-005 ネットスタンド改良型の 製造事業者 募集

 
S-005 ネットスタンド の基本設計は 2001年に開始 


スマホやタブレットで楽しめるスーパーテニスとスーパーボレーの
ゲームソフト開発の プログラマー
募集

 
 

 

S-005は ハード、クレー、ケミカルコート、人工芝や体育館、 畳の上やカーペット上にも設置可能なネットスタンドです。

近年 各社から市販されているレジャー用のネットスタンドは 競技規定に基ずく製品ではありません。 また スーパーテニスやサウンドテニスの競技に使用出来ません。

S-005は ユニバーサルテニスに加え 他のスポンジボール使用のテニス競技にも活用できる製品です。 S-005は 一般市販用具と比べ 高機能、高品質用具です。

過日 諸事情により製造を中断した用具ですが 各方面からの要望を受け 国内外に広く普及を図る上で 基本型 と同等以上の製品設計を図り 製造を検討しています。
コート外で楽しめる スーパーテニスとスーパーボレーのゲームソフト開発を進めます。 既存アニメと異なり リアルコートで楽しむゲームとリンクする内容を設計。

時間的、環境的状況で コートで実際に楽しめない人達に役立つソフトづくりです。

このソフトによるゲームは ビジネス展開を図る場合にポイント獲得の内容を加え 獲得したポイントを リアルコートで楽しむ場合に結びつけると共に テニス施設周辺の食事等にも利用できる 地域商業施設との共生・活性に役立つソフトを設計。

既存ゲームソフトと異なり ユニバーサルテニスの内容と競技展開を学ぶ教材としても活用可能なソフトづくりです。

 新しいテニス環境の発展に向けた用具開発は 関連業界の活性を図り ゲームソフトは テニス愛好者の底辺拡大に向けて 幅広い楽しみ方を設計します。
 ネットスタンド設計の実用新案とゲームソフト制作に使用する資料情報は NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟から提供します。

 製品製造とソフト開発に参画して戴く方面と関係者には この詳細についてご案内して参ります。  関心ある方は ご連絡ください。
    連絡先は  sp-ciss@sst-expert.com  TEL 050-3356-0553 (JHTF )


 
ユニバーサルテニス・ビジネスモデル総合開発 メンバー募集 

硬式テニスと異なった視点と取り組み方で テニスを楽しみたい人達の良きテニス環境を育み テニススポーツを 地域活性と社会福祉に活かすビジネスモデル開発メンバーを 募集。 開発したビジネスモデルは 各地域の新しいテニス環境づくりに役立て 地域産業の振興と メンバーとして参画する人達の新たなビジネスとして活かして参ります。
 開発プロジェクトは 右の内容に重点を 設けて進めて参ります
 上記募集内容の活用も含むプロジェクトです

 プロジェクトは これまでに開発が進んだ内容が多々ありますが
 更に 優れた内容の開発を図ります
 
既存講習とは異なるレッスン企画の開発 
既存大会と異なる競技内容を加えた大会企画の開発
既存テニス環境の枠を超えた様々な社会環境の中に開発する新たなテニス環境
新しいテニス環境の発展に必要とする用具用品の開発
ユニバーサルテニス競技を リアルコートの外で楽しめるゲームソフトの開発

既存のテニス社会を変える イノベーション(innovation)・・・ イノベーションを生み出すのは 感覚(感性)です
社会や時代の感性、スポーツを愛好する人達の感性が様々に変化することを 自分自身の感性で受け止める中から イノベーションは生まれ その数は無限です

この無限という数の中から、テニス社会を変えるインパクトを生み出すものを 感性を活かして考え、実現してみませんか
ユニバーサルテニスの内容を土台にして いろいろな人達の感性が集まると 更に優れたテニス環境を生み出すことが可能です

開発メンバーの申し込みは 郵送が原則です。 募集要項を確認してお申し込み下さい  なお 申し込み後の連絡については メール または 電話で進めて参ります。
テニスの新しいイノベーションを目指し 積極的、具体的に取り組む方を 募集します

 テニスの新しいイノベーションが進んだとき ・・
実例の一部を ご紹介
    車椅子テニス環境づくり ※国内初の開発・取り組み
    全盲の人達のテニス環境づくり ※世界初の開発・取り組み 


 

  障害内容に対する指導例    30数年前から 近年に続く 多くのテニス講習例の一部・・ 障害内容に対する指導参考にお役立てください
  この他に 軽度障害の人達も 数多くいます  こうした人達は多くのレッスン企画に参加が容易です
 
 
テニスは スポーツの楽しさを 紹介するだけでなく ・・
楽しむ人達の人生も 豊かに出来ます

    (001) 難病の少女のテニス参加
    (002) 左腕を失った女性のテニス参加
    (003) 右腕を失い 左手にも障害のある青年のテニス参加
    (004) 両手と片足に障害のある少女のテニス参加
    (005) ラケットが握れない複合障害のある人達のテニス参加
                                      
※ 次回へつづく
 

偏見も 差別化もない テニス環境づくりを 進めることの出来る テニス指導の を 目指す方々への情報 ・・・
  
硬式テニスと類似したテニス指導、テニス事業が可能な スーパーテニス
実務講習の会場で 起業に役立つ応用内容の実技修得の機会
 
サウンドテニスの内容を 正しく指導出来る人達は 世界的に 僅かです
遠方の方々は 参加者の感想と 動画を参考に・・

スーパーテニス指導者講習日程
(ユニバーサルテニス認定プログラム)
サウンドテニス指導者講習日程
(ユニバーサルテニス認定プログラム)
 
スーパーテニスレッスンの特徴 

 スポンジ・スーパーテニス 競技規定
 スーパーボレー 競技規定
 スーパーボレーの 多様な楽しみ方
 スーパーテニス指導者講習の受講者感想
 スーパーテニス関西オープン2002 (イベント実施例) 
 イベント参加者の感想
 スーパーテニス体験者の感想
 楽しむ人達の立場に適したテニス事業スタイル 
 レッスン & ゲーム企画のビジネスモデル

サウンドテニスレッスンの特徴 

 サウンドテニス競技規定
 視覚ハンディキャップテニス(サウンドテニス) の原点
 サウンドテニス と ブラインドテニス(他団体) との違い
 全盲の人達同士の対戦と 弱視の人達同士の対戦方法
 全盲・弱視の人と 視力のある人との対戦方法
 サウンドテニス指導者講習の受講者感想
 サウンドテニス愛好者の感想
 国際初の視覚ハンディキャップテニス誕生の歴史
 視覚・視力ハンディキャップテニスの開発
 




   
・・国内外のテニス関係者、愛好者への呼びかけです・・ 

テニスは万人スポーツのひとつです。 
世界の障害者数は 約6億人 国内 約720万人・・ しかし この人達を万人スポーツの対象外とする考え方が テニス界に多々あります。

東京五輪開催まで2年弱・・ この大会のパラリンピックのテニス競技種目には 車椅子テニス競技しかありません。 
長い歴史のある硬式テニス界ですが 車椅子を使用する障害者よりも 立位
(※車椅子を使用しない人達)障害のテニス愛好者が多いことを知らない人達が多数います。

東京五輪を含め4年毎の大会種目に 新たな五輪種目として・・ 肢体不自由者競技のクラスを設けたいのですが
テニスに関わる人達の取り組みを 期待しています。



近年 人気が高まっている車椅子テニスは 国内選手がパラリンピックで男女共に大きく活躍するなど アスリートを主対象とした競技環境が 進展しました。 
しかし 体力少ない人達や初心者の車椅子テニス環境は皆無に近く 車椅子を使用しない立位の障害者テニスについては テニス協会関係者の理解少なく 国内では発展することなく 現在に至っています。 自分自身が障害という状態に置かれないと・・ テニスを楽しみたいと思っている人達の気持ちを理解出来ないのは 心寂しいテニス関係者かもしれません。

一方 海外のトップテニス関係者やテニスの発展を支援する企業の良き理解によって 様々な障害の人達を対象にした テニスクリックも実施されてきました。 日本では無理解多い状況があるのは残念ですね。

東京五輪では 新しい種目がいくつも増えています。 各スポーツ界の関係者の尽力によるものです。 テニス界にも広い視野があれば 五輪種目を増やすことが可能です。
下記に紹介の 障害のある人達が参加した講習会と 国内各地から集い 硬式テニス技術を競い合った大会の歴史があります。


      ハンディキャップテニスの定期講習              ハンディキャップテニス特別講習会
      日本ハンディキャップテニス大会記録             ハンディキャップテニス競技ルール
               
現役・世界ランク 1位 のプレイヤー 直接指導のテニスクリニック
      日本車椅子テニス大会記録

 

当時 現役・世界1位のクーリエ選手が 障害のあるテニス愛好者達の技術指導を行った時 彼は 障害の人達に対する指導経験が少ない中で 優しいレッスンを進めて戴きました。 こうした例に見る 海外テニス関係者やボランティアには出来ることが 日本のテニス関係者は 障害や体力少ない子供達などのテニス指導はむずかしい・・ と考え 軽視する対応が続いています。

40年余の開発普及事業の前半は 硬式テニスの新分野開発と企画指導の活動が大半です。 この活動を通じて 硬式テニスの内容だけでは すべての人達がテニスの面白さを楽しむことは難しいと指導現場で考え 開発工夫を進めたのが ユニバーサルテニスの内容です。  しかし 硬式テニス愛好者が減少しています・・

その理由のひとつに 上達の遅い受講者が 硬式テニスのレッスン参加を諦めている問題・・ 楽しむ人達や子供達の体力、動体視力など考えずに 同じ指導マニュアルで大丈夫でしょうか。 テニスを楽しみたい人達、子供達は数多くいます。 その人達に適した競技方法を紹介し テニスに関心もつ人達に対して 楽しいと感じられる環境づくりを考える中に 真の解決策があります。


      テニス事業に取り組む方々への情報

 
 新しい時代のテニス競技環境づくり     既存テニス環境の問題点 と 楽しむ人達が望んでいること
   
 
 テニス事業対象、指導対象を 幅広く企画することの大切さ   資金少なく 誰でも 起業可能なビジネスモデルを工夫する
 
 
 ユニバーサルテニス事業の優れた収益性と社会貢献プログラム

 新しいテニス事業の起業に必要なコート・・ 身近に数多く存在する空間を利用出来るのが ユニバーサルテニスの特徴です。
 テニスの専門施設ではなく いろいろなビジネスと連携する方法もそのひとつ・・ 利用する方法の中に 地域の活性にも役立つビジネスもあります。
    スポーツクラブのスタジオを活用するプログラム企画

 周辺地域の商店街がシャッター通りになることも増えていますが この空き店を活用することで 多くの人々を日頃から集めることにも役立ちます。
 小さな商店やスーパーマーケットの内部を少し改造するだけで 簡易型のテニススタンドを設置すれば ゲームセンターのような娯楽空間を生み出せます。

  TENNIS P&S  と S・ST (スポンジ・スーパーテニス)
   硬式テニス と ユニバーサルテニス の違い 


本サイトは 障害の有無や体力の違いを超えて 国籍や経済環境の異なる人達の 良きテニス環境を育む方々に 各種の情報・資料を提供して参ります


ハンディキャップテニス総合資料情報は
NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 (JHTF) から 発信しています 
総合情報サイト www.jhtf.org

80ヶ国以上の地域の人達が 総合サイトの各種内容を 参照しています

本サイトで 紹介の情報資料の大半は NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 (JHTF) 事業の中で開発された内容を基盤として編集しています。
本サイトの内容は 著作権者 JHTFの承認を得た内容を 新しいピシネス展開に向けて 編集しております。

本資料内容を 各国の言語に翻訳発行することを JHTF では認めています。 
教材資料として転載することは可能ですが 事前、事後を問わず JHTF (jhtf02@jhtf.org) まで ご連絡ください。
転載、複写の印刷物には 引用文献として NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 の名称記載 を 必要とします。

本文中の英文は 機械翻訳 を使用しており 違約されている内容もあります。 教材として活用される場合は 日本語資料の内容を確認して お進め下さい。

 本サイト運営・管理  サン・パール CIS  Creative idea & solution service )
※ NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟事務局内に 連絡事務局を 開設しています