テニスの新世界  
 ユニバーサルテニス・ワールド
S・スーパーテニス
S・Super Tennis

   
年齢 体力 障害 人種 技術レベル の違いに こだわらず
誰でも一緒に 競技交流を楽しめる テニス世界


 テニスの 新たな魅力を 活かす 情報発信
サン・パール C I S  
Sun pearl creative idea & solution service
 Index    
 競技規定     スーパーテニス・サウンドテニス・ハンディキャップテニス 
 社会企画     被災地域支援・福祉活用・リハ活用 
 講習関係    指導者実務知識・実技経験 
 用品・用具     用品内容の紹介・用具手づくりの資材紹介 
 テニス環境     テニス環境づくりの展開 
 推薦サイト     良き社会事業を推進する方面 
     

  各資料は NPO法人JHTFの許諾を得た資料情報を ビジネス展開に役立つ内容として編集・発信する専門サイトです 

   本サイト名称の 改訂
 ユニバーサルテニス・ワールド S ・スーパーテニス  に 改訂しました
    
(S は スポンジ の略

 類似の名称を有する団体等があるため 独自の競技内容と社会性豊かなテニス内容を 紹介するサイトとして 新たな名称に 改訂
 また サウンドテニス内容も ユニバーサルテニスのひとつとして 内容と魅力を 紹介します

本ページ上の各タイトルと文字は  関係資料のページに リンクしています
Each title and letter on this page links to the document page concerned
Update  2020 / 03 / 24

  誰もが楽しめるテニス環境・・  このテニス内容を広く紹介する総合イベントの実施に向けて 様々な分野からの参加を求めて参ります
  イベントの実施は 東京五輪と コロナウイルスの関係から このイベント開催に適した室内会場を確保した時点で 具体化して参ります

  このテニスイベント企画は 準備の初期 または 途中から関わる方々と育む 初の大会です  このイベントは 国内外の同じ内容の大会企画のモデルとします
  過日の 国内初の車椅子テニス競技大会  日本ハンディキャップテニス大会 また 視覚ハンディキャップテニス大会も 国内外初の企画です

    本企画の問い合わせは  
 メール sp-ciss@sst-expert.com  / TEL  050-3356-0553
 

  新しいテニス内容で構成する 競技テニス と レクリェーションテニスを楽しんで ・・

ユニバーサルテニス・ワールド   
 
     テニスの楽しさを みんなで

S・スーパーテニス大会  
 
   大会の特徴
 参加者の年齢・体力・障害の有無・国籍不問
 上級者と 初級者・障害者とのゲーム交流
 家族チーム競技と外国籍者の混合チーム競技実施
 賞金付き プロ・セミプロ トーナメント競技の実施 
 被災経験者と福祉施設の子供達を招待
 テニスの社会活用と社会貢献方法の紹介 
初心者に優しく 上級者はハイレベルの競技展開が可能な大会
テニスの面白さと 観戦の楽しさと競技参加の面白さを 同時に体感出来る大会

テニス未経験者を対象に テニス体験の機会を設けます  障害の有無を 問いません
ストレッチャーや杖、車椅子、義手・義足を使用しての参加可  重度障害の人達も参加可
付き添い者も希望すれば 一緒に 練習やゲーム参加を 楽しめます
 
 この大会初日は テニスを楽しむ機会なかった人達や子供達に門戸を大きく広げる大会として 様々な良きコミュニケーションを育みます
 大会2日目は 競技参加の上位者に賞金を用意するプロトーナメントを企画します 

 企画にプロトーナメント内容を設けることで 観戦する人達が 同じ会場で練習したテニス競技の高度な競技展開と接する機会を生み出します
 トーナメント上位成績者の入賞は テニス指導やテニス上級者が テニス活動する上で 新しい収入源のひとつになることに企画します

 近い将来 スーパーテニスのトーナメントプロを生み出し 活躍するテニス環境を育む テストプログラムとして企画します
 この大会は 同種の大会が 地方地域で開催されることを願い そのモデル企画になります



S・スーパーテニス大会企画に関する資料・情報は 本サイト上で紹介しています
テニス事業者( レッスン/クラブ運営)は すべての内容を理解した上で 大会企画に ご参画ください


  テニスの発展と 良きビジネス展開に活かす スーパーテニス内容   硬式テニスと類似した点に加えて 異なる新しい魅力もつ スーパーテニスの世界・・ 
 本サイトに公開している 100以上の情報資料 更に NPO法人 JHTFの200以上の公開資料の内容を活用して ・・ テニスビジネスと社会事業に ・・ お役立てください 

 ● ユニバーサルテニス内容を導入したレッスンやクラブ事業  ※ ユニバーサルテニスレッスン    ゲームを主とする企画   レッスン & ゲーム 内容
 ● テニス内容を福祉や各環境の中に活用する社会事業  ※ コートの外のスポーツ心   脳血管障害後遺症への活用   知症の予防と進行防止への活用
 ● 様々な環境の中で レッスンとは別内容で ビジネス活用  ※ スーパーボレーの内容を 様々な場所でビジネス活用が可能  スーパーボレーの楽しみ方
 
 
地域経済の低迷に左右されない新しいテニス内容の魅力・・ 体験した人達は スーパーテニスの面白さを体感出来ます  未経験の方々は 動画を ご参照下さい
 
Animation document
               
        

  スーパーテニスの魅力
 
  スーパーボレーの楽しみ方
  スーパーポイントについて 
  スーパー競技ハンディ開発の背景 
  新たな競技テニス空間 
 
  立位でプレーする スーパーボレー 
  床や畳の上に座る シッティングテニス 
  椅子に腰掛けて楽しむ チェアテニス 

 
ユニバーサルテニス総合開発メンバー 募集要綱 

硬式テニスと異なった視点で テニスを楽しみたい人達の良きテニス環境を育み テニススポーツを 地域活性と社会福祉に活かすビジネスモデル開発のメンバー 募集
 開発プロジェクトは 右の内容に重点を 設けて進めて参ります

 プロジェクトは これまでに開発が進んだ内容が多々ありますが
 更に 優れた内容の開発を図ります
 
 既存講習とは異なるレッスン企画の開発 
 既存大会と異なる競技内容を加えた大会企画の開発
 既存テニス環境の枠を超えた様々な社会環境の中に開発する新たなテニス環境
 新しいテニス環境の発展に必要とする用具用品の開発
 ユニバーサルテニス競技を コートの外で楽しめるゲームソフトの開発

 テニスの新しい環境づくりの開発に 具体的に取り組む方を 募集   既存のテニス社会を変える イノベーション(innovation)感覚を活かす活動です

     実例の一部を ご紹介
    車椅子テニス環境づくり ※ 国内初の開発・取り組み
    全盲の人達のテニス環境づくり ※ 世界初の開発・取り組み 

 車椅子でテニス競技を楽しむこと・・ 全盲の人達がテニス競技に参加すること・・ が出来なかった時代に・・ 
 新しいテニス環境を具体化したNPO団体は 競技スポーツの開発に加え 様々なコミュニケーション環境を育んでいます  NPOの経験を参考に 更に新しい開発を進めます
 

  どこでも楽しめる 大会づくりは ・・  経験のない人達には テニスの楽しさとふれあう機会を・・
                     経験豊かな人達は 硬式テニスと異なる スーパーテニス と サウンドテニスの魅力に 気づく機会を生み出す・・ 優れたツールに・・

新しいテニス大会スタイルが テニスの楽しさ、面白さを 数倍にし・・  商業イベント / 社会イベントの大会企画では 多くの笑顔を育みます
  



 体育館に スーパーテニスコートを特設する場合の競技ラインは 布製カラーテープと養生テープを貼り合わせた 低価格で製作し・繰り返し使用が可能です
 
スーパーポイントエリアラインに 赤色テープを補助的に使用するのは 選手、審判、観客に分かり易く TV中継などでも 良き効果を発揮します

 

  近年 スポンジボールの特徴を活かしたテニスが 数多く誕生しています   各スポンジテニス内容と スーパーテニスを 比較すると 特徴が分かります

 スポンジボール使用のテニス競技・テニスレッスンが 
TENNIS P&S を含め 様々なテニス名称で紹介されています。
 こうしたテニスは ダブルス競技に限ったり 参加者の対象年齢を制約した内容のテニスもあります。
 
 スーパーテニス競技設計ポイント
 
 スーパーテニス
  ハイエンド競技バージョン Ver.7
 ベテランをはじめ 初級者、高齢者、障害の人達が テニスの面白さを いろいろな人達と ゲーム交流を 楽しめます
  体育館のバドミントンコート活用の Ver.6 
 既存施設のスポーツ競技ラインと用具の活用で簡易テニス環境を育む方法
 
    従来のテニス環境で 具体化されていないことは 数多くあります・・
 資金少なく 誰でも 起業可能なビジネスモデルの工夫
     実現出来ることを・・ 国内外のどこでも スタートさせることは 可能・・
 テニス事業対象、指導対象を 幅広く企画することの大切さ 
 
 ユニバーサルテニス事業の優れた収益性と社会貢献プログラム 

 ご案内のスーパーテニスは スポンジボールを導入したテニスですが  このテニス環境を開発する前に 硬式テニスの発展に向けた取り組みがありました
 硬式テニスの発展に向けて 様々な研究・企画の取り組みを進めた歴史を理解することが 新しいステップを考える上で役立ちます 
 新しいテニス環境開発の歩みのひとつ・・  日本ハンディキャップテニス・シンポジュームの内容を 紹介します
 シンポジューム・レポート
 
 
 硬式テニス・・ 一般的体力ある人達や子供達を対象にするテニス指導者は数多いのて゜すが・・   体力少ない子供達や障害のある人達のテニス指導する人達は数少ない状況です
 
テニスを楽しむ人達を 限定しない 差別化のない大きなスポーツにと・・ 生まれたユニバーサルテニス・・  全盲でも・・ 下肢機能を失っても・・ 楽しめるテニスです

  ユニバーサルテニスのひとつ・・ サウンドテニス競技 とは・・

 サウンドテニスの楽しさ   全盲・弱視の人達同士の対戦方法  全盲・弱視の人と視力ある人の対戦方法
ボール1

ボールは見えなくても
聴力と 3パウンドルールで楽しむ
サウンドテニスの魅力と面白さ


 
 

時代に適したテニス環境づくり・・
低迷するテニス環境の課題と解決方法を考える
 

硬式テニスが主流のテニス界に 新しいテニス競技としてスポンジボールを使用するテニスが誕生しています  ふたつのテニスには それぞれの特徴と魅力があります
スーパーテニスと硬式テニスの違いは・・ 自動車のガソリンエンジンと電動モーターエンジンの違いに類似しています

スポーツの将来性を正しく理解することで 新しい時代のスポーツを大きく育み 愛好者にも ビジネス開発にも 良き効果を生み出します
高品質のスポンジボールを 競技使用するスーパーテニスは 競技開発が進んでおり  ゲーム経験を重ねた人達は 硬式テニスに代わる優れた内容に 気づくことが出来ます


 
ユニバーサルテニス 認定指導者資格

この講習で 起業に役立つ応用内容の実務・実技を修得
 
 
サウンドテニスの内容を 正しく指導出来る人達は 世界的に 僅かです
スーパーテニス指導者講習・内容  日程 
 
サウンドテニス指導者講習・内容  日程 
 
スーパーテニスは・・
上級者が 子供達や初級者を対戦相手に 全力でプレー出来るテニスとして設計
 
 
用具は低価格・・ 施設関係費は低資金で起業・運営可能なテニス・・
高いレベルの競技を生み出すために 品質優れたスポンジボールを推奨するテニスです
          
 
 
サウンドテニスは・・
視力ある人が 全盲の人を相手に アイマスクなしで全力プレー出来るテニスとして設計

 
視力障害の人達と 障害のない人達が 競技ライバルになる時代を生み出したテニスです
全盲の人達は ボールの中に挿入した盲卓球のバウンド音を 聴力で確認して プレーします

ボール1  ボール2
 スーパーテニス初参加者の感想   視力のある人や弱視の人に勝てたときは最高 
  

  様々な障害内容に対する指導参考例    30数年前から 近年に続く 多くのテニス講習例の一部・・ 障害内容に対する指導参考にお役立てください
  この他に 軽度障害の人達も 数多くいます  こうした人達は多くのレッスン企画に参加が容易です
 
 
テニスは スポーツの楽しさを 紹介するだけでなく ・・
楽しむ人達の人生も 豊かにします

    (001) 難病の少女のテニス参加
    (002) 左腕を失った女性のテニス参加
    (003) 右腕を失い 左手にも障害のある青年のテニス参加
    (004) 両手と片足に障害のある少女のテニス参加
    (005) ラケットが握れない複合障害のある人達のテニス参加
                                       
※ つづく
 
 
  スーパーテニス・スーパーボレー・サウンドテニスの各内容は 障害のない人達や すべての障害内容に適応する競技として 開発されたテニスです
  このテニス内容を正しく理解した方々に 次の認定資格制度を 設けています  この資格は 既存のテニス指導者資格とは別に 優れたテニス指導者に付与するものです

ユニバーサルテニス 認定指導者資格

エキスパートの知識・経験に加え プロフェショナルとしての視野・技術を活かして活躍可能な人を 硬式テニス資格とは 別な視点と内容で 認定する資格
 
 スーパーテニス指導者講習 または サウンドテニス指導者講習を修了した方々を対象に 認定講習を実施します

 
テニス事業者・テニス指導者として
必要な
参考情報です 
  既存テニス環境の問題点 と 楽しむ人達が望んでいること
  硬式テニス と スーパーテニス の違い
  TENNIS P&S と スーパーテニス の違い

サウンドテニスを含めて スーパーテニスの開発は 子供達をはじめ いろいろな人達に対するリスペクト精神を基本に 設計しています。
このリスペクト精神が  国内初の車椅子テニス開発や 重度障害の人達のテニス機会を育み 様々な経験を活かし 世界初の全盲の人達が楽しめテニス競技を 生み出しています。

スーパーテニスの設計ポイントを理解することで 新しいテニス環境づくりのヒントが見つかります  更に テニスの幅広い普及発展の方法を考え出すことに役立ちます。
子供達や全盲など障害の重い人達が テニスライバルとして活躍できるスポーツ環境づくりは 良き指導者や企画事業者によって テニスの発展を支えることに つながります。
 

近年 人気が高まっている車椅子テニスは 国内選手がパラリンピックで男女共に大きく活躍するなど アスリートを主対象とした競技環境が 進展しました。 
しかし 体力少ない人達や初心者が楽しむことの出来る車椅子テニス環境は皆無に近い状況・・ 車椅子を使用しない立位の障害者テニスについては テニス協会関係者の理解少なく 国内では発展することなく 現在に至っています。

東京五輪では 新しい種目がいくつも増えています。 各スポーツ界の関係者の尽力によるものですが テニスも関係者の取り組みがあれば 五輪種目を増やすことが可能です。
障害のある人達が参加した講習会と 国内各地から集い 硬式テニス技術を競い合った大会の歴史があります。 その一部を紹介します。


      ハンディキャップテニスの定期講習              ハンディキャップテニス特別講習会
      日本ハンディキャップテニス大会記録             ハンディキャップテニス競技ルール
               
現役・世界ランク 1位 のプレイヤー 直接指導のテニスクリニック
      日本車椅子テニス大会記録

 

当時 現役・世界1位のクーリエ選手が 障害のあるテニス愛好者達の技術指導を行った時 彼は 障害の人達に対する指導経験が少ない中で 優しいレッスンを進めて戴きました。 こうした例に見る 海外テニス関係者やボランティアには出来ることが 日本のテニス関係者は 障害や体力少ない子供達などのテニス指導はむずかしい・・ と考え 軽視する対応が続いています。

40年余の開発普及事業の前半は 硬式テニスの新分野開発と企画指導の活動が大半です。 この活動を通じて 硬式テニスの内容だけでは すべての人達がテニスの面白さを楽しむことは難しいと指導現場で考え 開発工夫を進めたのが ユニバーサルテニスの内容です。  しかし 硬式テニス愛好者が減少しています・・

その理由のひとつに 上達の遅い受講者が 硬式テニスのレッスン参加を諦めている問題・・ 楽しむ人達や子供達の体力、動体視力など考えずに 同じ指導マニュアルで大丈夫でしょうか。 テニスを楽しみたい人達、子供達は数多くいます。 その人達に適した競技方法を紹介し テニスに関心もつ人達に対して 楽しいと感じられる環境づくりを考える中に 真の解決策があります。


      

 新しいテニス事業の起業に必要なコート・・ 身近に数多く存在する空間を利用出来るのが ユニバーサルテニスの特徴です。
 テニスの専門施設ではなく いろいろなビジネスと連携する方法もそのひとつ・・ 利用する方法の中に 地域の活性にも役立つビジネスもあります。
 テニス事業の場所を従来のテニス施設に限らない発想と工夫を考えたいところです。

 スポーツクラブのスタジオを活用した プログラム企画例
   
    
   スーパーボレーとスーパーテニスは・・ ビジネス企画に最適なテニスです
 周辺地域の商店街がシャッター通りになることも増えていますが この空き店を活用することで 多くの人々を日頃から集めることにも役立ちます。
 小さな商店やスーパーマーケットの内部を少し改造するだけで 簡易型のテニススタンドを設置すれば ゲームセンターのような娯楽空間を生み出せます。


ハンディキャップテニス総合資料情報は
NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 (JHTF) から 発信しています 
総合情報サイト www.jhtf.org

80ヶ国以上の地域の人達が 総合サイトの各種内容を 参照しています
 ユニバーサルテニス・ワールドサイトは 障害の有無や体力の違いを超え 国籍や経済環境の異なる人達の 良きテニス環境づくりに 各種の情報・資料を提供します

本サイトで 紹介の情報資料の大半は NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 (JHTF) 事業の中で開発された内容を基盤として編集しています。
本サイトの内容は 著作権者 JHTFの承認を得た内容を 新しいピシネス展開に向けて 編集しております。

本資料内容を 各国の言語に翻訳発行することを JHTF では認めています。 
教材資料として転載することは可能ですが 事前、事後を問わず JHTF (jhtf02@jhtf.org) まで ご連絡ください。
転載、複写の印刷物には 引用文献として NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟 の名称記載 を 必要とします。

本文中の英文は 機械翻訳 を使用しており 違約されている内容もあります。 教材として活用される場合は 日本語資料の内容を確認して お進め下さい。

 本サイト運営・管理  サン・パール CIS  Creative idea & solution service )
※ NPO法人日本ハンディキャップテニス連盟事務局内に 連絡事務局を 開設しています