ユニバーサルテニス認定指導者
サウンドテニス 企画指導講習
新しいテニス環境を拓き テニスの魅力を広く紹介する方々を対象とする 専門講習


 講習日程          
 6 月 16 日 )  13:20 − 13:50   コート特設の実技  13:50 − 17:30   基本実務講習
 6 月 30 日 )  13:20 − 13:50   コート特設の実技   13:50 − 17:30   基本実務講習
 7 月 14 日 )  13:20 − 13:50   コート特設の実技  13:50 − 17:30   基本実務講習 
 7 月 21 日 )  13:20 − 13:50   コート特設の実技   13:50 − 17:30   基本実務講習 

     ユニバーサルテニス SO-EV
サウンドテニス 実務講習


ユニバーサルテニス SO-EU
サウンドテニス 実務講習

 
   競技コート 特設ラインテープ製作  スーパーポイントライン製作と設定  
テープ製作資材の入手方法
    ガイドマットの設定  ガイドマット製作と資材入手方法
   競技ネット 専用ネットスタンド   ネットポールの代用にバドミントンポール活用
   競技ボール サウンドボール製作  
音源不良状態の確認と交換
   競技ラケット グリップ、ウエイトバランスの調整  硬式テニスラケットの代用方法
       
   練習方法 全盲の人達の基本指導  弱視者の基本指導  初心者指導  中級者指導
   競技方法 全盲の人達の対戦  全盲・弱視の人と通常視力の人の対戦
弱視の人達の対戦
競技レベルの判定と競技コート規定
   視力レベル区分 全盲クラス  弱視クラス  通常視力クラス  身障者手帳不要 視力検査不要の 競技規定
アイマスク・アイシェード不要の競技開発
       
   競技環境 練習・競技環境づくり  大会企画運営方法
   競技の社会性 サウンドテニス用品・用具の社会活用
簡易型(兼・防災用具)ネットスタンドの製作
       

 サウンドテニス競技ルール と 競技設計ポイント


講習担当  講師プロフィール

受講 対象

  テニス経験3年以上  指導経験の有無不問      年齢 高校生以上  性別・国籍 不問    
 
受講費
  1日単位  6,000円  ※資料・教材費 含む    
                  ※2回目以降の受講費  1日 4,000円 で 追加受講が認められます

   ※視力障害者2名まで 随行参加可     随行者参加費 1名 1,000円
     サウンドテニスは 奥行き深い魅力あるテニス・・ 十分な理解に 時間が必要です  複数回参加を推奨

受講申込方法

受付締切

各日程の7日前
  次の内容を 郵送  メール  電話   FAX で 下記事務局まで お送りください。

(1) 受講者氏名  (2) 年齢   (3) 住所   (4) 電話   (5) メールアドレス   (6) 職業
(7) 受講日  
(8) 随行参加者の有無と人数  (9) テニス経験    (10) 会場内駐車希望 (2台以内)

 ※各講習は 2名以上 8名以内で実施します
 ※申込受付後 受講者に対して 事務局から 会場案内と受講費納入方法を ご案内いたします

                   ※ お問い合わせは  050-3356-0553 (NPO事務局と兼用) まで ご連絡下さい

会   場
  横浜市立盲特別支援学校 体育館     ※ 所在地  横浜市神奈川区松見町1-26
  ※交通案内  JR横浜線「大口駅」下車 歩10分 または 東急線「妙蓮寺駅」下車 歩15分 
  ※ 参考    新幹線利用は  「新横浜駅」 〜 JR横浜線「大口駅」 所要 約6分
受付事務局
  サンパール C I S     TEL   046-205-0051 (専用)    FAX  050-3356-0553
                     メール sp-ciss@sst-expert.com
  〒242-0006 神奈川県大和市南林間 7-14-6 Nハイツ203 
(NPO法人JHTF事務局内)

企画 運営
  サンパール CIS ( Sun pearl creative idea & solution service ) 
   
後   援
  NPO法人 日本ハンディキャップテニス連盟 


地域講習企画 



対象はテニス団体の他
学校・企業・一般団体 
 地方地域の団体を対象に 講師がお訪ねして 現地特別講習を行います。
 講習実施(希望企画調整可)内容についての詳細とご相談は 050-3356-0553 までご連絡ださい
 特別講習実施には 次の費用を必要とします。
 
  講習用具送料   講習実技の消耗品費用   講師料   講師交通費
学校関係者(学生)については テニス経験の有無不問
講習用具のネットスタンド(1〜2セット) 小型ラケット(8本) は 無料貸出
サウンドボール音源部品、スポンジボールと 競技ライン用テープとガイドマットは 講習後は練習用品として活用可
訪問地域によっては 講師の宿泊費を必要とする場合があります