テニス事業の取り組みに・・  事業対象、指導対象を 幅広く企画することの大切さ・・


国内のテニス環境で、機能障害のある人達を受け入れて レッスンを行うスクールは ほとんどありません。 
近年、車椅子テニスの企画を一部取り入れるテニス指導者も生まれましたが、その指導対象に 障害の重い人達に対する企画は 皆無に近い状況です。 

長い間 車椅子使用の人達や全盲・弱視の人達のテニス参加出来る環境づくりは、NPO団体の取り組みが進むまでは 無視され 肢体不自由の人達や聴力障害の人達の一部は 独自に練習機会環境を育んでいますが 理解あるテニス指導者は僅かな状況です。 

テニス参加の門戸を閉ざしてきた理由のひとつに、機能障害の人達などの技術指導はいろいろ工夫と施設の一部をバリアフリー化の必要です。
しかし このバリアフリーの問題で 楽しむ人達を限定することは 小さなスポーツ環境となり、テニスの普及振興にはつながりません。

バリアフリー化を図るために 既存のコート施設や用具の内容にこだわるだけで解決するのは難しいところです。
ユニバーサルテニス内容は 競技内容などのソフト面と新しく経済性に優れたコート、ラケット、ボールなどの採用でバリアフリー化を実現しています。


ユニバーサルテニスの指導は、初心者から上級者までの全般を対象にする点は 他のテニスと同じですが 機能障害の人達や体力少ない人達も対象です。

 人は いろいろ・・ 子供達も いろいろ・・ 子供達などが 懸命にテニスとふれあい 喜ぶ姿を 事業者、指導者として見守っていきたいものです


テニスを 楽しみたい人達

アスリートとして活動する人達
上位競技成績の可能性ある人達

子供達
学生 ・ 社会人
高齢者

体力微弱な子供達  難病の子供達
運動機能障害の人達
中途障害(事故や疾病)の人達
病弱者  介護を必要とする人達


下肢障害の人達が車椅子や杖や義足を使用してテニスを楽しむことができますが、競技方法として 2バウンド規定などを採用する必要があります。
しかし、体力少ない人達や運動機能障害の人達の中に、打球の速さに対応できないことから硬式テニス競技を楽しむことのむずかしい人達がいます。 

こうした人達が硬式テニスと同じように楽しめるのがユニバーサルテニスです。 
スポンジボールを競技球としたS・ST や サウンドテニスの内容は、安全性と打球の容易性に優れている特徴に加え、既存テニスに劣らない高い競技性が設計されているため、テニス経験豊かな人達が十分に楽しめる内容を備えています


テニス事業やテニス指導の企画に機能障害のある人達や高齢者などを対象にしない関係者は 参加の費用負担を求めにくいと思い込む人達がおります。 障害がある人達を社会的弱者として考える風潮がありますが 経済的弱者ではない人達も数多く存在することを正しく理解する必要があります。

障害のある人達の中には 高額でなければ費用負担のできる経済力がある人達も数多く存在しています。 国内の身体障害者は 390万、知的障害などを含めて総数780万です。 身障者手帳を保有しない軽度の人達は更に存在します。 こうした内容を正しく理解しないために ・・すべての障害者=弱者・・ との誤解が スポーツ参加の機会を少なくしてきました。

経済的に厳しい環境にある人達に対し、参加費を軽減することは良いことですが、事業者や指導者の立場として運営が成り立つ収益を求めることは当然のことです。
障害のある人達のテニス参加の機会を増やす取り組みを進めてきたNPO団体は 先駆的立場からボランティア活動として進めてきました関係で、低費用を設定しました。

新たなテニス愛好者を生み出す企画と起業を進める上で、新しいテニスのビジネスモデルづくりを可能にするヒントを見つけることです。

ユニバーサルテニスは、当初のハンディキャップテニスの取り組みから、身障者のために・・社会的弱者のために・・と考えた開発は進められておりません。
障害の有無には関係なく 誰にでも楽しめるテニス環境づくりとして 多くの時間を費やして 開発されたテニスです。


  障害のある人達も高齢者も 体力的に弱者となる人達もいますが 経済的に弱者ではない人達も数多くおります。
  ボランティア活動が必要なケースもありますが、経済負担が可能な人達も 数多くいることを考えることが大切です。

topへ